正しい雲切目薬の点し方

1.石鹸で手をきれいに洗う。

2.容器の先端に触れないように気をつけて蓋を取り、下まぶたを軽く引いて目薬を目の中に確実に入れる。

 その際容器の先端がまつげ、まぶたに触れないようにする。

3.点眼し終わったらまばたきをせず1分くらい目を閉じている。さらに目頭の少し下を軽く押さえる。

 (これらの動作により、目薬が流れ出ていってしまうのを防ぎます。)

4.2種類以上の目薬を点す場合は、最低5分ほど間隔をあける。

 (間隔をあけないと先に点した目薬が後に点した目薬により流されてしまいます。)

5.ハードコンタクトレンズなら、装着した上から目薬を点して頂いて問題ありません。

 (若干目薬の黄色い色がレンズにつくことがあるかもしれません。)

6.ソフトコンタクトレンズの場合は、レンズを外してから目薬をご使用ください。

 (ソフトコンタクトレンズは繊細な作りのため、レンズの度の出方に変化が起こる場合が考えられるそうです。

  使い捨てレンズの場合は問題ないと考えられます。)

7.一日3〜4回が普通の量です。症状が改善しない場合は回数を増やして頂いて構いません。

 症状が強い時には2時間ごとくらいに点してみてください。

 ただし

 製造会社に問い合わせしたところ、万が一の場合、添付文書に書いてある(たとえば一日量3〜4回)以外の使い方では

 治療費や交通費など補償の対象外になってしまうそうです。

 お気をつけ下さい。

 

★雲切目薬αでは有効成分が濃くなるとともに、うるおい成分も3倍近くになりましたので、ドライアイの方にも

使って頂きやすくなりました。マイティアなどの涙液等張の目薬を併用して頂く必要はありません。

 

★緑内障をお持ちの方は必ず笠原十兵衛薬局までお電話ください。       電話  026-232-2330

 

表紙ページへ