楽しい放課後クラブ“にこ2”紹介

       ◆楽しい放課後クラブ“にこ2”(にこにこ)とは・・・

        ※養護学校のPTAが学校施設を利用した放課後活動希望者を募り、第一回を招集して
     (2002.1.10)その後は希望者の自主運営で活動方向を話し合い、PTA担当の先生に
          経過報告しつつ、何度か同席もしていただき計画を進めてきました。
     子供たちが楽しく放課後を過ごせるようにと願い親たちが試行錯誤中です。   

        ※H14.9月現在、小学部2年から中学部3年までの13人の子供とその母が構成メンバーです。
     いわゆる学童保育ではなく課外クラブ的なものを目指し、まずは親が参加できる条件で
     今後ボランティアさんとの関わりが安定してきたら、親の関わりも少しずつ減らして
     いけるかと思っています。(6月より中学部の2名が加わりました、女子3人+男子10人)

        ※親たちの自主運営で、会費を出し合い活動経費をまかなっています。

     ※H14.10月より中学部のにこ2メンバーに水泳の志望者を募り水泳クラブとして活動
     開始しました。年齢的に本人達が自主的に活動をしたり、仲間意識をもってくれる事を
     願い、卒業後もこの仲間で集まったりできたらいいなと親は思っています。    

    ※中学部の水泳クラブも順調に活動継続中ということで、にこ2は小学部のメンバーでの
     運営・活動という事で、それぞれが会長をたて独立した2つのクラブになりました。

   ※2005年度より中学部になったにこ2メンバーでは進級して高等部中心のメンバーに
     なった水泳クラブにならい、週1回のプールに活動内容を絞り、これまでのようなバラエティー
     ある内容は新たに加わった小学部メンバーに移りました。
     これに伴い、にこ2のグループ名も小学部メンバーへと引継いでもらいました。
     それと、にこ2の活動日も休日中心へと変わりました。


水 泳 ク ラ ブ の 様 子 で す


◆ウォーター・ボーイズ?!
H14.10月から中学生で水泳クラブを発足。
とりあえず、にこ2以外の生徒も含めて7人の男子が集まりました。

◆やってみました!第1回
やはり年齢からいっても、親とは少し距離を持って行動するのがふさわしい年頃、幸い学生さんが3人集まって
下さり自発的に行動できる子供も友達の世話を焼いたりと順調に運びました。
本当は活動を継続していくのに親以外で、継続的に技術指導してくれる人が確保できたらナイスなんですが・・・。
学校の先生も現状ではとても無理だし、こういう時だけでも非常勤で対応してくれる教員とかがいてくださると
ありがたいと思いました。
養護学校の子供が普通にクラブ活動するということは、ほんとに人手がいるな〜とやってみて実感です。

◆やってみました!第2回
学校からプールまでの移動手段、ちょうど路線バスが通っているのでそれで移動できれば生活訓練もできる!
ということで、車中も今後親や学生さんのなかで調整して添乗することにしました。
But!プールに着いたら親はガラス越しに見物なんてしてないで、プールにいる人達に任せること(子離れ)
みんな子供の様子見たくていますがたしかにそこにいる事で甘えが出る子もいるし、長時間ダラダラやっても
効果はないので40分ほどで上がるという計画にしました。

◆第3回
バスでの移動もすぐに慣れて、クラブ員同士の連帯感も感じられます。(いいぞ〜!)
ビート板使って、上体は伸ばしてバタ足しながらの息継ぎ練習、息継ぎは重要ですよね。
集中が途切れたら少し気分転換して、また練習で40分をミッチリ。小学生向けの教室とは一味違います。
クラブとして継続したいという母達の熱意も盛り上がってきております。

◆第4回
今日も全員出席、みんなそれぞれに上達しています。同時に個人差も出てきましたので、今後どう指導するか
相談しながら継続していきます。

◆第5回
メンバーに書き込みしてもらったようにそれぞれが回を重ねるごとに上達しています。お手伝い人員確保できた
のでクラブ継続が実現しそうです!
お母さん方の熱意と豊富な人脈のおかげです。感謝・感謝〜♪
・・
◆準備運動(ストレッチ)も事前に入れる事にしました。
バスから降りて時間があるので体育館で自由に過ごしていましたが、泳ぎを見ていてどうも皆
上半身が硬いな〜という感じなのでこれから毎週親子でやりたいと思います。

◆来年度もクラブとして自主活動継続
お手伝い登録の学生さんも何人か確保できそう、来年も継続できる見通しが立ちました。
会費も毎月徴収していくことにしました。
各々の母が自分でできる事をかって出てくれて、運営もスムーズです。
(そうはいっても一番はリーダーがいつもプールに入ってくれるおかげ!)
途中、もう一人希望者が加わり8人になりました。
なんと今年度は20回以上実施できました!

◆とうとう1周年!
水泳クラブが発足して1年が過ぎました。
幸運にも素晴らしいコーチをお迎えする事ができ、順調に継続できています。
学生さんやコーチが来れない時には、母たちが率先してプールに入ったりして長期休み以外は
毎週続けてくることができました。
9月の水泳記録会にはクラブで各人の得意種目に参加しました。
実習が終わり、また学生さんが来てくださるようになり母たちも少し楽になりました。
バスの乗降もまだ課題ありですが、バス会社のご理解もいただき降りるまでは彼らに任せる
ことにしました。

◆意欲満々!
最近はコーチと学生さんが入って下さるので、母たちは息子たちの上達ぶりに目を細めて見学
していられます。
ターンの練習や泳法のレパートーリーを増やしたりと、各自なりの進歩を遂げています。
各方面の皆さんのおかげで継続できるからこその成果です。

◆生活力かな
一年ほどはロビーのベンチに荷物をまとめ、母が番していましたがそろそろ自分の物を管理する意識も必要という
ことで、到着したらまずロッカー室に行き各自硬貨を入れて必要ない荷物をしまうことにもチャレンジしています。
鍵をかけてきてそれをリーダーの母か自分の母に預け、水分補給や軽い運動をしてから、更衣室へ移動します。


◆☆ライバル意識☆
活動も二年目に入りました。
9月の水泳記録会は大会初体験、ヘルパーを使ったりで各自が自分の目標で出場しました。
一年半たった3月は水泳大会にエントリー!
こちらは途中で立ってしまうと、再開する時にどうしても床を蹴って勢いをつけてしまう事になるので、競技規定で
失格になってしまいます。
皆にとにかく向こうまで泳ぎきるように!とコーチや母は練習時心配で注意 していましたが・・・
イザ始まってみると、普段は超マイペースの子も闘志むき出しの泳ぎっぷり!!
情緒面でも確実に成長してきていました。

◆3年半経過!(2006.5月)
まさかここまでこれるとは思わなかったのですが、本当に様々な方のご支援そして幸運が重なっての存続だと
思います。メンバーの年長はこの春社会人、授産施設が終わってプールに駆けつけて来ます、そして来春には
メインの年代の息子たちが卒業・・・今後も可能なメンバーはいつもの時間に集合してクラブが続いていってほしい
と願っています。
そして、ここで育んだ仲間意識をいつまでも持ち続けて、水泳以外でも楽しい時間を共有していけたらうれしいな!