湯ったり 湯っくり 妙高温泉
トップページ おすすめ情報 歴史と四季 街歩きマップ 交通案内

宿泊施設

雪国 高橋旅館 ゆきつばき 妙高・山里の湯宿 香風館

妙高市の観光
近隣情報

新潟県の情報 上越市観光コンベンション協会 長野県観光協会 信濃町の情報 飯山市の情報 信越高原の情報
歴史と四季

「越後富士」妙高の勇姿に抱かれた妙高高原の玄関口新潟県の最南端に位置する妙高山東南の麓、妙高高原駅の高台に開けた温泉街が妙高温泉だ。1911年(明治44年)に赤倉温泉の分湯として開湯され、1921年(大正11年)には妙高山麓の南地獄谷からの引湯に成功し、歓楽温泉として栄え、昔ながらの飲食店や商店も多い。JR妙高高原駅にも上信越自動車道妙高高原ICにも1kmという交通の便利さと妙高山の眺めが自慢で、大きく裾野を広げる妙高山の全貌を見れるのはこの妙高温泉だけである。観光の拠点として、又ビジネスの利用としても便利な温泉街である。

妙高温泉街から望む冬の妙高山


妙高山にある源泉



妙高温泉の源泉、南地獄谷は、妙高山の中腹標高1800mに位置し温泉街から白く蒸気が上がっているのを見る事ができる。標高550mの妙高温泉まで高低差約1300m、10kmもの距離を地中に埋めた温泉管で引いてくるという全国でもたいへんめずらしい温泉である。源泉で72℃の湯はもまれもまれて温泉街につくころには約50℃位になり、そのお湯は、さらりさらりと大変柔らかくよく温まる。各旅館の他、関川共同浴湯(大湯)や妙高高原ふれあい会館でも入る事ができる。

妙高山南地獄谷 源泉














妙高温泉旅館組合/妙高温泉観光協会 〒949-2112 新潟県妙高市妙高温泉
2010 Copyright 妙高温泉.All rights reserved.