恵那山(Enasan   (2,190m)

広河原コース

阿智村

 
コースタイム
  [上り] 駐車場〜30分〜広河原登山口〜2時間30分〜恵那山頂上
  [下り] 恵那山頂上〜2時間〜広河原登山口〜30分〜駐車場

最短コースで頂上へ


頂上の様子

  恵那山の登山コースとしては、これまで富士見台からと中津川市側からのコースが知られているが、もう一つ、長野県側の広河原からいいコースがある。これまであまり解説されていないコースだったので、登山してみることにした。日本百名山の一つであり、多くの登山者で賑わっている恵那山だが、所要時間がかかるのが難点だったが、この広河原コースは、3時間弱で登頂できるのでありがたい。


登山口の標識

登山口に
広河原登山道は阿智川支流の本谷川右岸に沿って本谷奥地林道を入っていく。林道は村の駐車場の脇で通行禁止となっているので、駐車場や林道脇に駐車する。右岸を20分ほど、場所によっては右斜面からの落石に注意しながら進む。川幅は広いが通常だとあまり水量はないが、何年か前には広河原登山口下で、登山者が流されて死亡しているので、増水時は渡らない(数時間で水位が下がるので待つ)ことも必要だ。登山口には立派な標識が立っている。登山口からは一旦河原に下って小さな丸太橋を渡って左岸の登山道に取り付く。
 
登山道は、見上げるような急斜面を上がる      斜面の落葉松林
登山道は取り付きから、急斜面をジグザグに上がる。ヒノキの植林や雑木林を上がると途中から唐松林に変わり、地表は緑色の笹に覆われている。登山道はしっかりしているが、所々にはしご場がある。秋、ここの斜面は深緑の笹の色と真っ直ぐに這え揃ったカラマツの金色の紅葉、青い空のコントラストが美しい。じっと足元を見つめながら一歩一歩ゆっくりと歩を進めると、やがて1716mの標識のある平らな尾根につく。ちょっとした広さがあるので休憩しよう。
◆ ここからは尾根歩きで
  やや右方向に丸く平坦な道を行く。倒木をまたいだりくぐったりするところがあるが、その先では背面の景色が開けてくる。笹の原の中にはカラマツの木がきれいな紅葉を見せてくれるし、天候が良ければ南アルプスや中央アルプスが望める。恵那山は頂上での展望が効かないのでこの片で景色を楽しんでおこう。尾根伝いに緩い斜面を1時間ほど歩き、林の中の岩がごろごろしている箇所を上がると頂上の広場に着く。周囲を木に囲まれて展望はなく、百名山にしては地味な感じがする。奥に恵那山神社の少し大きめも祠が建っている。少し先の方に行き、一旦下った先にはトイレや避難小屋がある。時間が有ればこの辺りで一泊しても良いかも知れない。
 平成16年11月登山
恵那山マップに戻る