伝統構法・木組みの家

  春原木材の木に対するこだわり。木の特性を生かした素材の吟味から始ります。匠の技が冴える伝統的な木造軸組の構造は、木組み独特の力強さに、しなやかな美しさを兼ね備えています。春原木材の「木組みの家」の原点がここにあります。

 日本古来の木組みによる継ぎ手や架構のち密さといった優れた技術に、その耐震性の高さが改めて見直されはじめました。寺社仏閣や古民家が、永年の大規模な地震に耐え抜いてきたことで、昔ながらの家づくり「伝統構法」の素晴らしさが実証されています。