胃がんの症状と検査・治療

症状の特徴

  • 胃に鈍い痛みがある
  • 胸焼け、胃もたれ
  • 胃が重苦しい、張る
  • 食欲不振
  • 食べ物の好みの変化(特に動物性たんぱく質が急に嫌悪感を感じる)
  • 臭いのきついげっぷがでる
  • 吐き気、嘔吐
  • 下痢と便秘を繰り返す

危険因子と日常生活の注意

  • 40歳以上に多くみられる
  • 胃炎を繰り返している人
  • たばこ、塩辛いものが好き

繊維質、ビタミン、大豆のたんばく質や、牛乳・乳製品などを十分にとり、バランスのとれた食生活を心がける。

検査と治療法

  • X線頒彰、内視鏡(胃カメラ)、生検により、自覚症状がなくても早期発見が可能
  • 手術による患部の切除が治療の基本。がんが粘膜層内にとどまっている早期がんの場合は原則として内視鏡的粘膜切除が可能であり、粘膜下層以下に達している場合には開腹手術が行われる。
  • 早期であるほど完治する確率が高く、早期がんの状態で手術を受ければ、5年生存率は90%以上。

関連情報

ページのトップへ戻る