子宮がんの症状と検査・治療

症状の特徴

  • 不正出血、性交後の出血、閉経後の出血
  • 月経周期の狂い
  • おりものの異常(ピンクや暗赤色のおりものや、悪臭のあるおりものがみられることがある)
  • 下腹部、腰、下肢の痛み
  • 子宮の入り口にできる頸がんと、奥にできる体がんがあり、日本では頸がんが全体の90% を占める。30歳後半~40歳代に起こりやすいが、近年は若年化の傾向がみられる
  • 性生活と関係が深く、性体験が早い、セックスパートナーが多い、早婚、多産、妊娠回数が多い、といったことが危険因子と考えられている

検査と治療法

  • 子宮の入り口にできる頸がんと、奥にできる体がんがあり、日本では頸がんが全体の90% を占める。30歳後半~〜40歳代に起こりやすいが、近年は若年化の傾向がみられる
  • 性生活と関係が深く、性体験が早い、セックスパートナーが多い、早婚、多産、妊娠回数が多い、といったことが危険因子と考えられている

危険因子と日常生活の注意

  • 問診、内診のほか、早期発見には細胞診検査が要。細胞診の結果、頸がんの疑いがある人にには、コルポスコープ(子宮膣拡大鏡)を膣から挿入して子宮の入り口部分を調べる検査が行われる。痛みはなく短時間で終わる
  • 早期発見できればレーザーで焼き取る治療法も可能。しかし、病気が進行している場合や、もう子どもがいらない人、40歳以上の人では、子宮全摘出手術が行われることが多い。初期にこうした治療をほどこせば、治癒率(5年以上生存できる確率) はきわめて高い

ページのトップへ戻る