骨肉腫の症状と検査・治療

症状の特徴

  • 腫瘍のできた部位の周囲がはれて痛む
  • 患部を押すとひどく痛む

危険因子と日常生活の注意

  • 患者は10~25歳の若年者が多い
  • 発生しやすい場所はひざ近くの太ももの骨やすねの骨、腕のつけ根など

検査と治療法

  • X線撮影、CT、MRI(磁気共鳴画像)、骨シンチグラフィーなどの検査で診断。最終的な確定診断腫瘍組織のl部を採取して顕微鏡で調べる生検が行われる

ページのトップへ戻る