舌がんの症状と検査・治療

症状の特徴

  • 舌にかたいしこりができる
  • 舌が痛む
  • 潰瘍や白斑、白く肥厚したかたい板状組織ができてなかなか治らない
  • 頸部へ転移しやすい

危険因子と日常生活の注意

  • 40~50歳代の男性に多くみらえる
  • アルコール頬、たばこ、刺激の強い飲食物のとりすぎに気をつける
  • 虫歯や口内炎になりやすい人は要注意
  • かみ合わせの悪い入れ歯を長期間使用しない

検査と治療法

  • 注意していれば早期発見が可能。ふつう視診と触診を行い、がんが疑われる場合は病変部の組織検査で診断
  • 早期なら放射線線治療だけか、化学療法の併用で根治が可能。大きながんの場合は外科手術と切除した部分の再建術が必要
  • 頸部への転移がある場合は、頸部リンパ蔀の摘出が行われる

ページのトップへ戻る