白血病の症状と検査・治療

症状の特徴

  • 全身がだるく、微熱が続く。初期症状はかぜに似ていることが多い
  • 出血しやすくなり、皮下出血による紫斑が出る。歯ぐきからの出血や血尿、下血、鼻血が出やすい
  • リンパ節、肝臓、脾臓がはれることもある

危険因子と日常生活の注意

  • すべての年齢にみられるが、比較的若年者の比率が高い
  • 放射能が原因で起こるものもある
  • 薬剤やウイルスが発病になんらかの関係をもっているとする説もある

検査と治療法

  • 血液検査、骨髄穿刺によって診断できる
  • 化学療法で血液や骨髄を正常時の状態に戻し、それを維持する治療が続けられる
  • 治療法の進歩で以前より治癒率は高くなっている

ページのトップへ戻る