前立腺がんの症状と検査・治療

症状の特徴

  • 尿が出にくい(勢いが弱い)
  • 頻尿になる(とくに夜間)
  • 残尿惑がある
  • 腰痛

危険因子と日常生活の注意

  • 男性特有のがんで、50歳以上に発生しやすい。近年、増加傾向にあり、泌尿器科で扱う男性のがんのなかでは最も多い
  • 早期発見のためには、50歳以上になったら、年1回は泌尿器科で検査を

検査と治療法

  • 血液検査で前立腺腫瘍マーカーのPSA(前立腺特異抗原)を調べることにより早期発見が可能。疑わしい場合は、直腸内触診や経直腸的超音波検査、針生検などでさらにくわしく検査する。がんの存在がはっきりした場合には、CTや骨シンチグラフィーの検査で、がんの進行度や転移を診断
  • 進行度や悪性度により手術療法、放射線療法、ホルモン療法などが行われる

関連情報

急増している前立腺がん「前立腺がんの状況」

ページのトップへ戻る