大腸がんの症状と検査・治療

症状の特徴

  • 腹部が張る、痛む、不快感がある
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 下血、血便、粘液便がある。月経や痔による出血と思い込み、早期発見を逃す場合も

危険因子と日常生活の注意

  • 便秘がちな人、10年以上痔瘻を患っている人は要注意
  • 動物性たんばく質や脂肪、加工食品などに片寄った食事を避け、野菜や果物などの繊維性食品をバランスよくとるようにする

検査と治療法

  • X線検査、大腸内視鏡・ファイバースコープによる検査や、大便の潜血反応のほか、直腸がんの場合は肛門から指を入れて行う直腸壁触診でも発見できる
  • 正常な部位と患部の区別がつきやすいものが多く、切除手術による治癒率は高い
  • 直腸下部にできたがんの場合、以前はその部分を切除すると人工肛門をつけなければならなかったが、かつやく現在では「括約筋温存術」により肛門の機能を残せるケースが増えている

大腸ガン関連ページ

ページのトップへ戻る