咽頭がんの症状と検査・治療

症状の特徴

  • のどに何かひっかかっているような感じがする
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 声がかすれる、かれる
  • せき、たんが出る
  • 首のリンパ節がはれる

危険因子と日常生活の注意

  • 女性より男性によくみられる
  • たばこの吸いすぎ、特に若年期から喫煙を始めた人の発生率が高い
  • 声をよく使う職業の人も要注意

検査と治療法

  • 咽頭鏡や内視鏡(ファイ-バースコープ)による検査のほか、病変部の組織を調べる生検、X線CT、MRI(磁気共鳴画像)などで診断
  • 初期には放射線治療が効果的で、表面的で小さながんの場合はレーザー手術も行われている
  • 進行すると、場合によっては喉頭全摘出手術が行われる。この場合は発声機能が失われるが、食道発声法や人工咽頭を用いた訓練により会話も可能

ページのトップへ戻る