膀胱がんの症状と検査・治療

症状の特徴

  • 頻尿になる
  • 排尿痛がある
  • 血尿が出る(痛みなどの自覚症状がなくても、突然起こることが多い)

危険因子と日常生活の注意

  • 50歳以上の人に多くみられ、発病のピークは60~70歳代。男女比では3対1の割合で男性に多い

検査と治療法

  • 尿細胞診、膀胱鏡検査で診断する
  • 早期がんの場合には、尿道から膀胱に内視鏡を入れて病巣部分に高周波電流を流してがんを切除
  • 進行がんの場合は、開腹手術により患部または膀胱全部を摘出。全部摘出したときは、新しい尿路をつくる尿路変向術や代用膀胱形成術が行われる

ページのトップへ戻る